[HOME-主旨][目的と事業][概要][設置例][組織図][会員構成][入会メリット及び入会申込][会則] 
JVPSCA会員情報交流サイト入室】【JVPSCA会員情報交流サイト新規登録

目標

 当法人は、自動販売機関連業者が相協力して、自動販売機の利用並びに活用の推進を図り安全且つ安心なまちづくり、国づくりを目指して社会環境の健全な成長発展に寄与することを目標とする。

事業

目的を達成するために、次の事業を推進するものとする。

1.防災・救命・防犯対策に関する必要な調査研究。

2.防災・救命・防犯対策実施に不可欠な情報通信手段の調査研究及び関連システムの普及促進。

3.自動販売機と関連した防災・救命・防犯システムの構築、改良及び普及促進。

4.前項記載のシステム並びにこれに係る装置、機器、部品及びその他関連製品並びに技術の普及促進。

5.本システム実施の法的安全性の普及促進。

6.防災・救命・防犯対策のための自動販売機と関連したシステム及びこれに係る装置、機器、救援物資、医療機器等その他関連するすべてのものに係る、研究開発・製造・実施・販売等の場における関係者間の協同、協調関係の維持推進。

7.当法人の存続基盤を構成する知的資産の法的安全を確保するため、万全の努力を払うとともに、前第3項に定めるシステム運営、本システムに基盤を置く社会の防災・救命・防犯対策が危殆に瀕することのないよう、説得、協力等必要な手段をとること。

8.本システムに関連する製造業者等関連業者の協調の維持促進。

9.必要且つ十分なエネルギーを確保するための調査研究。

10.IT分野の技術の発展、社会のニーズの変化に見合った通信システムの調査研究、利用並びに活用の検討。

11.技術移転、ライセンスの積極的実施。

12.ベンチャーの育成・起業支援、それらが創生した研究開発成果の活用・ライセンスの支援。

13.企業向けの戦略的知的資産活用の経営教育、特許紛争対策教育の実施。

14.その他必要な研究開発の実施(含共同研究)。

15.上記活動の海外への普及展開の推進。但し自動販売機を利用出来る社会基盤を共有する国家社会を対象とすることが前提。

16.前各号に関連する事業の推進。

この内容は当法人の定款の目的と同一であります。